有限会社 オフィス・キミコ

CD・著書

講談のCD




画像をクリックすると拡大します。

三代目旭堂南陵による、完全新録音のCD(録音時間60〜70分)つきの
“よみがえる講談の世界 全3巻”が発売されます。

◎第1回配本 「水戸黄門漫遊記」 2006年4月刊行!

◎第2回配本 「安倍晴明(あべのせいめい)」 2006年6月刊行!

◎第3回配本 「怪談・番町皿屋敷」 2006年8月刊行!

各巻約200ページ 定価各巻2,520円(税込)

講談の著書

桂米朝師絶賛『演芸速記本基礎研究』正・続 二冊セット 旭堂南陵 著

明治期大阪の『演芸速記本基礎研究』正・続 二冊セット 7000円(消費税・送料、当方負担)

≪御詫び≫
お蔭様で上記のセット本は、在庫がなくなりました。
今後は豪華装丁の特別限定本(上下巻で一万円)に変更となります。(数量限定)
誠に申し訳ございませんがよろしくお願い致します。

[ 日本図書館協会推進図書 ]
講談、落語、浪曲、愛好家のみならず、歌舞伎、文楽、探偵小説研究家に至まで必読の書!


吉川 登 編 「近代大阪の出版」

定価2415円(税込) 送料350円(2冊以上送料無料)
四六判 上製 304頁

<執筆陣>羽生紀子・平野翠・青木育志・石田あゆう・旭堂南陵・吉川登・小野高裕・大谷晃一・増田のぞみ (掲載順)

江戸期大坂の版元のあり方。明治期大阪の出版と新聞。青木嵩山堂・金尾文淵堂の活躍から終焉まで。痛快講談本で一世を風靡した立川文庫。大正期大阪の出版文化展。雑誌『苦楽』で講談社と張り合ったプラント社。文芸書から教養書まで幅広い創元社の出版。宮武外骨の「滑稽新聞」から「大阪パック」に至る大阪の漫画出版史・・・。9人の多彩な執筆陣が描く、近代大阪出版小史。

◎お申し込みは
TEL:0729-66-4761 FAX:0729-60-2392
創元社 通信販売係まで



Copyright (c) 2014 上方講談 旭堂南陵 All rights reserved.